アフロ・ブラジリアンの未来というべき才人、ファビアーノ・ド・ナシメント

アフロ・ブラジリアンの未来というべき才人、

ファビアーノ・ド・ナシメントは

1983年リオ・デ・ジャネイロ出身。

由緒ある音楽一家に育ち、幼年期より

クラシックや音楽理論などの教育を

受けたファビアーノは、12歳からギターを手にし

以来この楽器に魅了され

ブラジル音楽とジャズを独学で研究し

卓越した演奏能力を身につけていくことになる。

 

2000年にLAに移り住み

マルチ木管奏者パブロ・カロジェロらと

TRIORGANICO(トリオルガニコ)を結成。

ブラジル音楽とジャズやヒップホップなど

ミックスした高い音楽性と共に、

セウ・ジョルジやヘリオセントリクスなどを擁する

「Now Again」からのリリースということで

音楽通の間でその名が知られることとなり、

その後ソロ名義でのリリースへとつながることとなる。

 

ソロ・デビュー・アルバムでは、一発録音という手法含め

パーカッションの巨匠アイアート・モレイラをフィーチャー

したことが大きな注目を集めた。

なお2017年の最新作「Tempo Dos Mestres」では、

そのスタイルをさらに一歩押し進め

バーデン・パウエル、エルメート・パスコアル、

エグベルト・ジスモンチといったブラジル音楽の

伝説たちの名も頭をかすめつつも、

奥深い所では

現在世界中で同時多発している

シャーマニック・ミュージック・シーンの

最先端とも言うべき、清らかで繊細な

サウンドで森羅万象と神を称える

メッセージ性の強い音楽を奏でている。

発信元サイト

アフロブラジリアン及び

アフリカのヨルバ族の

神話に出てくる

Nanaと言う

月と地球を司る

霊性高き

浄化の女神を

賛美する名曲「Nana」。

ファド・ポルトガル音楽

ファドポルトガル語: fado [ˈfaðu])は、ポルトガルに生まれた民族歌謡。ファドとは運命、または宿命を意味し、このような意味の言葉で自分たちの民族歌謡を表すのは珍しい。1820年代に生まれ、19世紀中ごろにリスボンのマリア・セヴェーラ英語版の歌によって現在の地位を得た。

イタリアカンツォーネフランスシャンソンアルゼンチンタンゴブラジルサンバがあるように、ポルトガルにはファドがある。主に「Casa de Fado」と呼ばれる(または「Casa do Fado」)レストランなどで歌われる大衆歌謡で、主にポルトガルギター(ギターラ)と現地ではヴィオラと呼ばれるクラシック・ギター(スチール弦使用)、(時には低音ギター(ヴィオラ・バイショ)が加わる場合もある)で伴奏される。

日本では、ファドは女性が歌うものとの認識が強いようだが、実際には性別に関係なく歌われる。また、ファドは暗く悲しいものだという誤解をもって紹介されることも多いが、我が町を賛美したり、街のうわさ話などを題材とした陽気なファドも数多くある。

因みに、「大航海時代に帰らぬ船乗りたちを待つ女たちの歌」という起源説は、1974年まで続いた独裁政権(エスタード・ノーヴォ)の文化政策の中で作られたでっちあげである。アマリア・ロドリゲス(1920~1999)が国民的歌手として国内外で知られ、その人気は死後も衰える兆しを見せない。

首都リスボンと中北部の中心都市コインブラでそれぞれ独特のファドが育まれ、コインブラのそれはコインブラ大学の学生たちのセレナーデとして存在している。日本でよく語られる「リスボンのファドは暗く、コインブラのファドは明るい」という説も、大きな誤解である。

2011年にはユネスコ人類の無形文化遺産の代表的な一覧表に記載された。

フォークロック詩人のボブ・ディラン(2016・10・23更新)

シンガー・ソングライターのボブ・ディラン氏が

今年のノーベル文学賞に選ばれました。
多くのファンも喜んでいることでしょう。
おめでと。

口琴演奏・北海道アイヌのムックリ

ひょっとすると、あなたも

ムックリできます。↓

 

★地球フォークソング~ここでは民謡から生まれた歌も含みます。

2015年大晦日更新

♪蛍の光

1999 スコットランド・アイルランド民謡集 

英国のトラディショナル・フォークロック・フェアーポート・コンベンション



フェアポートはデビュー当時のサイケデリック・フォーク・ロックから、サンディ・デニーを加えた2作目以降から、英国のトラディショナル・フォークをロックの新しい解釈で広めることとなり、これまでのロック、フォーク、ポップ界になかった音楽性と個性を育んで行き、新たな音楽を築いていくこととなる。フォークの伝統に新たな息を吹き込んだ彼らの音楽性は、60年代後半以来、後続のフォーク・グループや、レッド・ツェッペリンをはじめとするロック界にも、多大な影響を残してきた。

フェアーポート・コンベンション

Fairport Convention - Liege & Lief

こちらは全曲になっています。

UNHALFBRICKING(1969 ISLAND Records 輸入CD盤 IMCD-293)

フェアポートはデビュー当時のサイケデリック・フォーク・ロックから、サンディ・デニーを加えた2作目以降から、英国のトラディショナル・フォークをロックの新しい解釈で広めることとなり、これまでのロック、フォーク、ポップ界になかった音楽性と個性を育んで行き、新たな音楽を築いていくこととなる。フォークの伝統に新たな息を吹き込んだ彼らの音楽性は、60年代後半以来、後続のフォーク・グループや、レッド・ツェッペリンをはじめとするロック界にも、多大な影響を残してきた。

Sandy Denny】のアルバム紹介のページでも書いたが、本アルバム「UNHALFBRICKING」に表れた家族や伝統を尊重する姿勢は、若者独自の価値観を唱えて親の世代を拒絶し、エネルギッシュで華やかなスターを求めてきたロックの世界に、音楽的にも社会的にも新たな変化を物語っていたとの解釈が存在している。

本作はフェアポートの3作目。トラッド曲が1曲、ボブ・ディランの曲が3曲で、残りはすべてメンバーの曲。
本作からデイヴ・スワブリック(4作目で正式メンバー入り)のフィドルも聴けるのです。
サンディ・デニーの作品「Who Knows Where The Time Goes?」(時の流れを誰が知る?)は、本アルバム発表を出発点として、後に数多くのアーティストがカバーすることになる、英国フォークのスタンダードと言われるまでに成長していった。  

Engineering:John Wood
Produced by Joe Boyd
Tape Transfers and Remastering:Paschal Byrne
Research and Project Co-Ordination:Tim Chacksfield
Project Co-Ordination for Universal:Joe Black
Sleeve Note、Track Annotation、Photos:Ashley Hutchings
Original Memorabilia、Photos:Strange Things Archive
Original Album Cover Photographs:Eric Hayes
Original Album Sleeve Design:Diogenic Attemps LTD
CD Package Design:Phil Smee
Special Thanks to Ian & Stephanie Rennie

FAIRPORT CONVENTION:
Sandy Denny
Ashley Hatchings
Martin Lamble
Simon Nicol
Richard Thompson

   1. Genesis Hall  (Written by Richard Thompson)

   2. Si Tu Dois Partir  (Written by Bob Dylan
     Dave Swarbrick:Fiddle、Trevor Lucas:Triangle

   3. Autopsy  (Written by Sandy Denny)

   4. A Sailor's Life  (Traditional、Arranged by Fairport)
     Dave Swarbrick:Fiddle

   5. Cajun Woman  (Written by Richard Thompson)
     Dave Swarbrick:Fiddle

   6. Who Knows Where The Time Goes?  (Written by Sandy Denny)

   7. Percy's Song  (Written by Bob Dylan)
     Ian Matthews:Vocal

   8. Million Dollar Bash  (Written by Bob Dylan)
     Dave Swarbrick:Mandolin、Marc Ellington:Vocal

  Bonus Tracks
   9. Dear Landlord  (Written by Bob Dylan)

  10. The Ballad of Easy Rider  (Written by Roger McGuinn)
     Dave Mattacks:Drums
引用:http://www.geocities.co.jp/small_town_talk2006/FAIRPORTCONVENTION.html

アメリカの歌手リッチー・ヘブンス

Richie Havens
1月21日
Today would be Richie's 73rd birthday.
You are dearly loved and missed, Richie!
今日は、リッチーの 73 歳の誕生日になります。

ブルガリアのミュージックを聴いてみましょう。

 

素朴さの妙技☆

グルジア音楽・縦笛

フォークソングで広がるイメージ、なつかしさ☆

アルメニアの歌をお聴きください☆

 

ご訪問ありがとうございます。

CM



CM

PR


ご案内CM

 

CM2

 

ご紹介CM

Fawn(子鹿)さんの歌声 (ネイティブのアメリカン)

 

ご休憩用~手作り歌 ☆僕が作って歌っています。 「アルパカの唄」 ギターを弾いています。

 


手織り品


カレーライスとミルクティー カレーライスとミルクティー

アクアの森・新感覚商品情報IROIRO アクアの森・新感覚商品情報IROIRO


●独立駆動するCD レコーダーとカセットレコーダーに豊富な入出力を装備し、様々な音源をCD に録音、またはカセットへ録音することができるコンビネーションレコーダーです。録りためたカセットテープや収集したアナログレコードを音楽用CD-R/RW に録音することが可能です。